社会保険 被保険者資格取得の基準の明確化|港区青山の社会保険労務士なら宇賀神事務所へ。人事経験15年の人事サポートに強い社労士です。

社会保険労務士法人 宇賀神事務所

  • 0364345180
  • お問い合わせ

トピックス

社会保険 被保険者資格取得の基準の明確化

平成28年10月1日より改正施行される社会保険の適用拡大と併せて、被保険者資格

取得の基準(4分の3基準)が明確になります。

これまで曖昧であった基準は、以下の通り改定となります。

                         【改定前】                                              【改定後】                       

(a) 1日または1週の所定労働時間および   (a)  1週の所定労働時間および1月の  

  1月の所定労働日数がおおむね4分の         所定労働日数が4分の3以上

  3以上

(b) 被保険者として取り扱うことが適当な場合 (b)  廃止

     は総合的に勘案し、被保険者の適用を

  判断すること

 

また、4分の3基準を満たさなくても、特定適用事業所に雇用される短時間労働者で

下記の要件を満たす者は、被保険者となります。

「特定適用事業所の短時間労働者の要件」

①週の所定労働時間が20時間以上であること

②雇用期間が1年以上見込まれること

③賃金の月額が8.8万円以上であること

④学生でないこと

⑤特定適用事業所に勤めていること

 

 

 

  

 

ページトップへ戻る