65歳超雇用推進助成金について|港区青山の社会保険労務士なら宇賀神事務所へ。人事経験15年の人事サポートに強い社労士です。

社会保険労務士法人 宇賀神事務所

  • 0364345180
  • お問い合わせ

トピックス

65歳超雇用推進助成金について

1.65歳超雇用推進助成金の概要

65歳以上への定年引上げ等の取組みを実施した事業主に対して助成するものです。高年齢者の就労機会の確保および希望者全員が安心して働ける雇用基盤の整備を目的としています。

2. 主な受給要件

・平成28年10月19日以降に、労働協約または就業規則に次の(イ)から(ハ)までのいずれかに該当する新しい制度を実施した事業主であること。

(イ)旧定年年齢を上回る65歳以上への定年引上げ
(ロ)定年の定めの廃止
(ハ)旧定年年齢および継続雇用年齢を上回る66歳以上の継続雇用制度の導入

・上記の制度を規定する際に、経費を要した事業主であること。
・支給申請日の前日において、1年以上継続して雇用している60歳以上の雇用保険被保険者が1人以上いる事業主であること。

この他にも細かな要件がありますので、申請を検討される場合には必ず事前にご確認ください。

3.受給額

  • 65歳への定年の引上げ 100万円
  • 66歳以上への定年引上げまたは定年の定めの廃止120万円
  • 希望者全員を66~69歳まで継続雇用する制度の導入60万円
  • 希望者全員を70歳以上まで継続雇用する制度の導入80万円

なお、定年引上げと継続雇用制度の導入を合わせて実施した場合でも、支給額は定年引上げを実施した際の金額となります。

高齢者の雇用については、人材不足などにより、積極的に取り組んでいる会社が増えております。この機会にこうした助成金を活用して、制度整備を進めたいものです。検討されている場合は、当事務所にお尋ねください。

ページトップへ戻る